みあれ祭 約200隻の船団が行う海上大パレード!?

こんにちは、筑紫野店のユウゾーです。

またまた釣果報告!といきたいとこですが・・・。笑

今回はご縁があって、みあれ祭に乗船参加させていただきました。

そもそもみあれ祭とは・・・。

 

宗像大社は本土にある辺津宮、大島にある中津宮、沖ノ島にある沖津宮からなり、それぞれ姉妹神である宗像三女神が祀られている。みあれ祭は辺津宮に祀られている市杵島姫神(いちきしまひめ) が、姉にあたる田心姫神(たごりひめ)と湍津姫神(たぎつひめ)を迎えるもので、海上では宗像三女神それぞれの御輿を載せた3隻の御座船(ござぶね)が宗像七浦(ななうら)の船団に供奉(ぐぶ)されて、海上を巡行する。漁船およそ数百隻による大規模な海上神幸行事で知られる。(※ウィキペディアから抜粋)

・・・だそうです。笑

約200隻の漁船団が大漁旗をなびかせ、豊漁や海上交通の安全を祈る祭りでもあるんです。

 

鐘崎、神湊、津屋崎、福間、大島の船が宗像大島に集結します。

 

9時半頃、御座船を中心に大漁旗をなびかせながら神湊に向けて出発します。

 

かなりすごい数の漁船ですが、昔は船の数がさらに多かったのだとか。

 

約1時間かけて船団が神湊を目指します。上空には空撮ヘリまで出てますねー!

 

海岸線はすごい数の見物客でした。

最後は御座船を追い越して帰港となります。

今年も豊漁祈願=爆釣祈願となりますように。笑

 

釣具買取ナンバーワン どこよりも高く買取ります!
釣具の買取は釣具買取ナンバーワンへお任せください。独自の販売ルートを構築することで、どこにも負けない買取価格を実現いたしました。