ダイワ 18 リョウガ 1016HL 購入レビュー!DAIWA RYOGA

こんにちは!

釣具買取ナンバーワンのダーヤマです。

先日発売されたばかりの18リョウガ・・・早速購入しました!

最初に触って巻いてみた感触は・・・んん!!巻き感がちかっぱスムーズ!

ダイワのベイトリールじゃないみたいな巻き心地ですよ♪

ダイワもシマノ同様、歯の細かいギアを採用したからだと思います。

自重は255gと若干重めです。

スティーズやタトゥーラで採用されたハイグリップのI字ノブ。

個人的にはハンドルを80mmに交換したいですね。

マグダイヤルは20段階調整可能です。

ブレーキシステムは癖がなく扱いやすいマグフォーズZです。

サイドプレートはサイドプレート下部にあるレバーをカチっと動かして・・・

分解できます!

気になるスプールの重量は・・・

ベアリング込で13.8g程です。

G1ジュラルミンのスプールはやっぱり軽いですね。

16lbを100m巻ける深溝スプールですが、軽量級もそこそこ投げれるんではないでしょうか?

34mmスプールということで、互換性のチェックです。

34mmのフィネススプールは装着可能でした。

SVスプールも装着可能かと思います。

これでフィネスやバーサタイルもいけちゃいますね(笑)

 

長年ダイワのリールを使っている人ならある程度キャストフィールは想像つくかと思います。

これからダイワ使ってみようかな?という人のためにマグフォースに付いて少し解説いたします!

一般的なシマノのリールは遠心ブレーキですが、遠心は高回転時にブレーキがよく効き、低回転時は

ブレーキがあまり効かないシステムです。その為、キャスト後半に伸びを感じます。

マグフォースZも遠心と似たブレーキの効き方をしますが、遠心ブレーキほど高回転時のブレーキ力は強くありません。

ただ、キャスト後半は若干マグフォースの方が強くブレーキがかかっているフィーリングです。

簡単にまとめますと・・・

“マグフォースは高回転時の伸びを活かすブレーキ”

“遠心は低回転時の伸びを活かすブレーキ”

どっちが飛ぶと言うよりかは、好みの問題かと思います。

リョウガのレビューから離れてしまいましたが、

次回は実釣インプレを書かせていただきますので、よろしくお願いしますm(__)m

釣具買取ナンバーワン どこよりも高く買取ります!
釣具の買取は釣具買取ナンバーワンへお任せください。独自の販売ルートを構築することで、どこにも負けない買取価格を実現いたしました。