スタッフブログ

釣果報告【壱岐沖オフショア釣行記】ヒラマサ釣りで結局一番大切なのは…

【壱岐沖オフショア釣行記】ヒラマサ釣りで結局一番大切なのは…

恒例となっておりますスタッフオフショア釣行にて、今回はなんと長崎県壱岐沖にまでヒラマサを求めて行ってきました。

お天気は…

 

ドピーカンのベタ凪でした。

 

魚探で地形やベイトを必死に探す一枚をパシャリ。

 

 

肝心の釣行結果は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員安打の気持ち良い釣行となりました。

 

今回の釣行を経て、主観ではありますが釣るために必要な要素として感じたことを残したいと思います。

 

 

①まず毎回感じるのは時合いの要素です。

水が流れていても釣れない時があったり、ベイトがいても釣れない時があったりしますよね…

ですが釣り人としては、釣れる再現性が欲しいものです。

そこでより確実性が高いのは時合いの要素ではないでしょうか…

なぜそう感じたかというと、やっぱり誰かが釣れるとバタバタと釣れる事が多いからです。

それでは時合いを制するためにすべきことは何でしょうか…

 

 

②時合いを制するために必要なことは

手返しや効率的な運動だと感じたのです。

ジギングであればただジグをシャクれば良いのではなく、食いが立つであろうレンジで手返しよく誘ってみたり…

ずっとシャクっていても疲れないフォームを探したり…

などホントにたくさんやるべき事があるような気がしました。

 

 

 

もちろん潮の流れやレンジ、ベイトの量や位置なども無視は出来ません。

つまりは答えを一生探し続ける無限の遊びが釣りなのです。笑

 

 

 

 

 

 

こんな良いサイズのヒラマサ見てたらすぐまた釣りに行きたくなりました。

 

 

 

いや…

御覧の通り遊ぶためにはお金がいるのです。

大好きな釣りの為に、今日も喜んで働きまーす!

 

 

 

 

遊漁船情報はこちら!

ANGLER

本日のアングラー

風速 約m/s 天候
気温 気分
TACKLE & AREA

今回使用したタックルと場所

ロッド
リール
ルアー
ライン
場所